知的財産の保護① 自分の知的財産である新たに開発した技術、新たに育成した
品種、新たにブランド化した商品等がある場合、それらを保護
し活用している。
② 登録品種などの他人の知的財産を侵害しないようにしてい
る。

 

で取組事例の所では次の様に記載されていますが、これは例なので

①例えば、下記に取り組んでいる。
・技術・ノウハウが知的財産であることを認識し、それを保
護・活用するために「権利化する」、「秘匿する」、「公開す
る」のうち適切な手段を選ぶ。
・新たに開発した技術の特許・実用新案申請、新たに育成し
た品種の品種登録、新たにブランド化した商品の商標登録
を実施する。
②例えば日本の場合、登録品種の種苗を譲渡する場合は
権利者の許諾を得ている。栄養繁殖植物の中で農林水
産省令の例外規定から除外されているものを増殖する
場合は権利者の許諾を得ている。

この取組は

農場の名前が商標登録していたとか、栽培の野菜や果物が独自の取組で作った物で、

特別な名前を付けているとかの時に、商標登録や実用新案や、特許など取得している場合に、その関係書類を提示すれば済みます。

通常は特に登録していることが少ないので該当が無い場合は、審査員の質問に

特許等については該当ありませんと答えると納得されます。