1.1必須適用範囲
下記の適用範囲に関する最新情報を文書化している。

① 農場(農場名、所在地、連絡先)
② 商品(農産物、品目(栽培中または栽培予定))
③ 生産工程カテゴリー
④ 圃場(圃場名等、所在地、面積、栽培品目)
⑤ 倉庫(倉庫名等、所在地、保管物(農薬・肥料等の資材、
    燃料、機械等))
⑥ 農産物取扱い施設(施設名等の識別、所在地、取扱い品目)
⑦ 外部委託先(名称、委託工程、所在地、連絡先)
これらは審査の申込書に含めて管理すると効率的である。

②は「JGAP標準品目名リスト」に記載のある農産物・品目を 
   記載する。
③生産工程カテゴリーは、自分の農場が適用する生産工程
   (栽培工程・収穫工程・農産物取扱い工程)の範囲のこと
   である。詳細は総合規則を参照のこと。
④圃場については、総合規則の用語の定義「圃場」を参照
   のこと。
  

 

JGAPの農場と管理点と適合基準の 青果物2016で見てみると

1.1の適用範囲では、適合基準で

①農所(農場名・農場所在地・連絡先)以下②.③.④.⑤.⑥.⑦

と続く訳ですが、この点はA4一枚に集約して記入します

これは、JGAP個別審査申込書を記載すると、④までの要件がクリアーできます。

⑤以下は、圃場の図面上に記載してもOKとなります。

⑦は外部委託があるばあいに記載して下さい。