5 農産物取扱い工程におけるリスク管理

5.1では必修項目で

農産物取扱い施設における 交差汚染及び異物混入の防止

を規定している

これは管理点では

① 農産物取扱い施設及びその敷地内における下記のものと、汚染物質との交差汚染及び異物混入に対するリスク評価を年1
回以上実施し、必要な対策を講じている。なお、対策には立地や施設構造の見直しを含む。
1)農産物
2)包装資材
3)収穫及び農産物取扱い関連の機械・設備・輸送車両・容器・
備品等
② リスク評価の結果及び対策を記録している。

を記載した帳票を要求している。

1の場合の農産物は各農場によって作物が違うし、作付け規模によっても違ってくるので、農産物の種別は各農場で作っている

作物を記載します。

2の包装資材は、通常使っている小型のトレーとか、梱包用のダンボールとかを示しています。

3の収穫及び農産物取扱関連の機械・設備・郵送車輌・容器・備品

等は農場で使っている全てのものを把握してリスト化して、それによる、汚染部質の見極めとチェック、

交差汚染の対象となるものや梱包などの際に生じるおそれのある交差汚染などを検討して、書類にします。

交差汚染はどの様なものかと言うと漠然としてなかなか思い浮かばないような感じですが、

例とすれば、

収穫した作物の一時保管場所に例えば、機械用の燃料がある場所だとか、使用していない農薬や肥料が

一時的に積まれている場所だとか

後は、作物の保管場所と農機具の置き場所が同じ場所だったとかが考えられます。

JGAPでは、農作物と同じ場所に農機具等の機械類は一緒に置くことは、交差汚染の重大インシデントと

見ていますので、農機具と農作物が混在している農場は保管場所を確保して下さい

取扱例は

汚染物質には農薬・肥料・薬剤・燃料・機械油、廃棄物、有害生物(昆虫及び鳥獣類)、汚水(停滞水・廃水)・雨漏りや結露による汚染、有害な排気、人由来のもの、施設構造物(天井・壁・床等)・設備・備品(照明、空調、机等)等の経年劣化・破損等による異物等がある。

必要な対策には、例えば、点検・補修・交換、ゾーニング(汚染エリアと清潔エリアを分ける)、整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌、入場ルールの徹底等がある。

対策は他の管理点の対策を引用してもよい。

となっているので、交差汚染のおそれのある場合は他の管理点を参考に組み立てると良いかも知れません。