外部委託先との合意

では管理点と適合基準で以下のように記載しています。

農場は外部委託先と契約を結んでいる。農場と外部委託先との間で交わされた契約文書は下記の内容が含まれている。

① 農場の経営者名、住所及び連絡先
② 外部委託先の名称、所在地、連絡先及び代表者名
③ 外部委託する業務(工程)及びその業務(工程)に関する食品
安全のルール
④ 上記③について農場が定めたルールに従うことの合意
⑤ 契約違反の場合の措置に関する合意
⑥ 外部から審査を受ける可能性があること及び不適合がある場
合には是正処置を求める可能性があることについての合意

なお、農場と外部委託先が契約文書を交わせない場合には、外部委託先が公開・提示している文書(約款等)を農場が確認することで契約文書として代替することができる。

外部委託している場合ですが、今回の鎌田きのこ株式会社がJGAP認証農場を受けた場合でも

親会社が鎌田商事で鎌田商事がJGAP認証を受ける為に、子会社である鎌田きのこ株式会社外部委託

契約となり、双方での外部委託契約書の文章が必要になります。

契約書は一般的な内容ですが、契約書に記載できない事項は別紙にして各項目を記載しても

良いと思います。

参考事例としてはいかに記載がありますが

③例えば、5.農産物取扱い工程におけるリスク管理のリスク
評価を農場と外部委託先が一緒に行い、食品安全の
ルールを作っている。

JGAPでいう外部委託とは、農産物の生産工程に直接係わる作業を外部の事業者に委託することであり、例えば播種、防除、施肥、収穫、運送等がある(総合規則 用語の定義参照)。

外部委託でもJGAPでは、農産物の生産工程に直接携わる作業のみで、農協に出荷する作物を運搬

する場合でも、農協に出荷した時点で農協に対しては出荷先なので外部委託契約は必要なく

なります。