7.2仕入先・サービス提供者の管理

検査機関の評価・選定

で、管理点では以下の様に規定されている。

残留農薬、水質、重金属類、微生物、放射性物質等の食品安全に関する検査を行う機関は、該当する分野で下記のいずれかを満たしていることを確認している。

① 生産国が認定した登録検査機関
② ISO17025認定機関
③ 日本GAP協会が推奨する機関(Basicに限る)
④ 残留農薬の場合、残留農薬検査を行う検査機関に関するガイ
ドラインを満たす機関(Basicに限る)

取組事例では

①について、日本の場合、食品衛生法及び水道法の登録検
査機関であり厚生労働省のHPで確認できる。

 

としか記載していないので、自分の農場で行った水質検査や土壌検査の検査機関が上記に害としているか確認することになる

水質検査の最低限の調査機関としては、保健所などが揚げられるが、保健所等生産国が指定した機関となる。

あくまでも生産国の検査機関である。

ISO17025認定機関は、hpで検査機関名を入力するとHPサイトでその機関の認証基準が確認できるので、それで担保する。

日本GAP協会が推奨する機関は、GAPのHPで確認する。

残留農薬の検査機関も同じでHP出検索するとその取組が解る。

と言う事で、自社農場で検査した結果表の表示している会社を全てhPで検索するか、解らない場合は検査機関に電話して確認することが必要である。

 

 

 

ISO17025認定機関一覧表