具体的な工程管理とはどの様な事でしょうか

農産物の客観的安全性は従来の農業管理では達成できません。現在の消費者やバイヤーが求めているのは、使用農薬が適正なものか、肥料をやり過ぎていないか等の数値管理が求められています。JGAPはそれらの基準を数値で管理するために目に見える管理が出来る事になります。

JAでもJAブランドで集荷して出荷する場合は、管内の全出荷先が統一している基準で作物を造っているとは限りません。その場合で残留農薬検査で一部の農作物から基準値以外に残留農薬が発見されると出荷停止に陥ることが有ります。

特別栽培農産物を、安全性の高い農産物と勘違いしていませんか

特別栽培農産物は栽培方法が特別なものであって、安全安心を担保している農産物ではありません。特裁物であってもJGAP基準に照らし合わせるて農薬や肥料が適正に記録されているかは疑問が残ります。そのような場合もJGAP導入することにより、数量的に視覚確認が出来るので安全性が更に担保されます。

農産物の食品事故を防ぐためには、農場のためのルールが必要です。
只毎日同じ事を繰り返しているから大丈夫だと言うと、管理基準は食品事故を防ぐには科学的に正しいとは言えません。
JGAPは食品事故を防ぐために農場のルールを作ってそれに基づいて各種の農作業を行い記録して行くので、事故が起きにくいし更に事故が起きた場合に即座に事故原意を究明できますので科学的に正しい処置が出来ます

自分で長年作っている農産物は作り手から見ると自慢の農産物ではありますが、消費者は食品バイヤーから見れば、どの様な基準で農薬や肥料を使用しているか目に見えるものがありませんので、自己管理は万全でも第三者目線で見ると管理基準が曖昧に見えるものです。

ブランド基準を適切に守っている貴方が、一緒に生産している誰かが一瞬基準値以外の農薬を使用したら、いままで守っているブランドが一瞬にして市場の信頼を失う結果になります。
JGAPはそのような基準を作って客観的に安全性を担保できます。

導入の具体的事例はこちら