JGAPと食品トレーサビリティーシステム ASIAJGAPは必修項目

特にASIAJGAPでは、その取組で生産工程管理の部分がかなり強化されてきますので

特に世界基準としてASIAJGAPをGFSI認証を取得するために、同認証の基準を取り入れなければ世界基準として認証を受けられないためです。

いままでの農業では生産管理というと、農薬の使用量とか肥料の使用量位しか管理されておらず、生産工程管理という部分についてはその記録すらとっていないのが現状でした。

その為、作付けから栽培、収穫、出荷までをトータルで生産工程を管理するという事はかなり難しいという感じでした。

元来、露地物を栽培している方で、意欲的な方達は仲間と切磋琢磨してその技術や栽培方法を研究していかに安全で安心なの物を届けるかを考えてきたと緒もいます。

それでも、生産工程管理と言うとたりない部分が多くあるのも事実です。

JGAP導入した先輩農家の人にも聴きますが、やはり各作業をして行く中でその工程を逐次記録を残すということが忘れがちになると言っておられました。

そうなると、新規に行うJGAP導入に際してはやはり各帳票作成とその記録をいかに継続的に続けて行くかにかかっていると言う事でしょう。

栽培工程も各農場事にも違うし、栽培品目によっても大きく違うので帳票作成に関しても全く同じ物は内のが現状でそれに合わせて作らなければならないのもです。

今回の食品トレーサビリティーシステム導入では、農林水産省HPで農業者様に特化して作成しているので、使いやすい物となっています。

とにかくJGAPと言う新しいものを導入するには色々なジレンマが生じますが、皆さんが導入しやすいように心がけて一緒に考えながら指導をしております。

食品トレーサビリティーシステム

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA