JGAPにも 6次産業化にも仕えそうな 農業者支援強化法が施行されました  

 

農業のさらなる成長を目指すためには、農業者が自由に経営展開できる環境を整備するとともに、

 

農業者の努力では解決できない構造的な問題を解決していくことが必要です。

 

この中でも特に重要な課題である「良質で低価格な農業資材の供給」や、

 

「農産物流通・加工の合理化」を実現することを目的として、農業競争力強化支援法では、

 

「農業資材事業」と「農産物流通等事業」の事業再編・参入等の支援策を規定しています。
.

 

農業資材・農産物流通事業者の事業再編・参入の取組を応援しています

 

農業競争力強化支援法(平成29年8月1日施行)では

 

農業競争力強化支援法(平成29年8月1日施行)では、資材・流通事業者の皆さまが

 

事業再編・参入に取り組む際に役立つツールを用意しています。本法律による支援の対象

 

となる取組や事業者は、以下のとおりです。

 

1. 事業再編の場合

 

本法律の目的に沿った活動であって、以下の

 

(1)、(2)のいずれにも該当するもの。

(1)合併、分割、事業譲渡、設備の相当程度の廃棄などの措置
(2)新たな生産・販売の方式の導入または設備などの経営資源の高度な利用

「事業再編」の対象事業
・肥料、農薬、配合飼料の製造事業
・飲食料品の卸売事業(米卸売業など)
・飲食料品の小売事業(食品スーパーなど)
・飲食料品の製造事業(製粉、乳業など)

 

モデルケース:肥料製造事業者が合併を契機として製造能力を最適化

肥料製造事業者A社が、B社を吸収合併。その際、2社の老朽化した工場を撤去するとともに新工場を設置し、

 

肥料製造機能の集約を図る。これにより、製造能力の最適化、稼働率の向上、管理費の低減により

 

製品価格の低減を目指す。

【支援措置活用例】
・工場の撤去により生じた欠損金について、法人税の繰戻還付措置。
・新会社設立時の登録免許税の軽減。

 

詳細はこちらから

https://www.mirasapo.jp/features/policy/vol54/

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA