jgap畜産部門で富良野の藤井農場の牛乳を東京オリンピックの食材に向けて発信中ですが、JGAP畜産の指導をさせて頂きましたが、非常にやりやすい農場の環境でした。

北洋銀行は3月2日に北海道21世紀総合研究所、日本政策金融公庫と

協同で組成した

 

「北洋農業応援ファンド」で

 

富良野市の農業生産法人 藤井牧場に

 

1020万円を出資する。

 

藤井農場は昨年12月末にJGAP畜産酪農部門で乳牛と生乳

 

の部門でJGAP認証を全国二番目の早さで取得した。

 

藤井農場は2020年東京オリンピックの食材供給を目指して

 

おり、JGAP認証農場もそれを見据えての取組となったものである。

 

藤井農場は牧場haccpも取得しており今回のJGAP認証農場になった

 

ことで、食品としての衛生面から、農場としての働く人達の労働環境

 

から、農場生産品の安全管理まで全ての項目で安全基準を満たした

 

農場となった次第で有り、同農場をJGAP指導をしたのは私ですが

 

妻の実家が酪農家という所も有り取り組みやすい農場でした。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA