jgap2017家畜畜産認証に向けて始動した農業生産法人2社を4月2日から、指導を始めました

今年の4からjgap2017畜産部門で認証取得の準備に入った農場が2軒有ります。 鹿追の中野牧場と標茶町の株式会社KIの木並農場です。   どちらの農場も個人での農業生産法人ですが、どちらの農場主も   jgap認証を一つの分岐点として捉えており、農場の環境整備と働いて   もらっている従業員の長期雇用を目指しているという点でした。   この様な視点はjgap認証の中でも積極的に取り組んでいる点なので   jgap認証に向けてどちらの法人も取り組みやすくなっているところかなと思っています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA