jgapは日本の良い農業と訳されますが今までも良い農業をやってきた自負があるが、情報開示請求が当たり前の世の中では自ら積極的に開示しておく方が安心安全と信頼が増すのでは。

日本の良い農業を

 

JGAPと言うと、日本のよいのうぎょうと、訳されますが

それでは、今までの農家の方は良い農業をやっていなかったのか

と言うことになりますが。

 

そんな事はありません。

今までも良い農業をして来たら日本の農業は発展してきて

継続してきたのだと思います。

 

それではなぜ今JGAPと言われるのか

 

日本の良い農業と言っても、農薬を全く使わない方もいますが

大量生産大量消費の現在では、肥料や農薬を使わなければ

市場に並ぶ、見栄えの良い農作物は流通していないのでは

 

私が子供の頃は、親戚に農家の方も沢山いたので、

よく、曲がったキュウリやダイコンや多少虫の食った

きゃべつやニンジンなど沢山の農作物がありました。

 

 

出も、現在は、根曲がりの農作物は一般の消費者が

目を向けてくれないので当然値段も付かない為に市場に

出回ることは無くなり市場には、定規で測ったかのような

農作物しか流通していないのが現状です。

 

農業生産者も作物を造るときには非常に気をつかって

天候に左右されながら市場原理に惑わされながらも

しっかりと市場に流通する農作物を作ってきている

 

ただ、市場に流通する農作物を大量消費の現在では

肥料も農薬もある程度使わないと思ったような農作物

は出来ないのも現状です。

 

安全安心な農業をしていると自負しても、それを分かっている

のは自分だけで、市場には、安全安心な指標が分からない状況

 

であり、情報開示が当たり前の世の中になっては農家も情報開示

を請求されたら自分の農作物には自信があるが、使っている農薬や

肥料等を開示する勇気があるのでしょうか

 

それを可能にするのがGAPで、農業に関する履歴を全て取り

何時でも情報開示が出来る状態にするのです。

 

情報開示が当たり前の世界ではこれからJGAPを積極的に

取り入れないと、取り残されるのでは無いかと思っておりますが

 

 

農家の方は、GAPを取り入れても農作物の価格アップにはならない

しと何時もネガティブな面しか見えていないのが今後の差に繋がる事を

理解しなければ、農業で生き残って行く事は難しくなってくるのでは

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA