遺言て私には関係ないよと 思っている貴方に専門家として一言

 

遺言を書くのには何が必要ですか と言う問いに遺言を書きたい人達からのよく聴くことは

遺言を書くときには何が必要ですか、又、何が重要ですかについて

 

遺言を書くときに専門家でもあまり重要視していない項目がありますが、

実はそれが一番重要であること。

 

一般の方は遺言書は、財産を誰にどの位遺すがが重要なんですよね

 

と言われますが、確かに財産を誰にどの位遺すというのも大事ですが、それ以上に大事なのが

誰にどの位なぜ残すのかという理由付けが重要になります。

 

その、理由を述べる部分が、付言と言うポイントになります。

 

私は、遺言を頼まれると、その方の生き方と家族の関係と、

 

なぜ財産を分与するのかと言う理由を尋ねてそれを重点に遺言書を組み立てます。

 

遺言を書いてもトラブるになるのは、ただ財産分与だけを記入しているだけで、

 

遺言を残す方の心の葛藤が書かれていないことによります。

 

なぜ、家を継ぐ次男に多く遺すのか、長男にはこの程度なのかという理由をしっかり述べて

 

そこに至った経過と心の葛藤を書くことによって、家族や残された人々に自信の思いを伝えることが出来るのです。

 

その思いをしっかり残すことで、故人が残した遺言がしっかりとした意思を持って、

 

残された人々にその内容をしっかりと伝える事で、相続の際のトラブルが防げるのです。

 

遺言を財産を遺すだけの手段だと思っている方が、残した遺言書は後々も遺恨を遺す結果となる事が多いのも事実です。

 

だから、遺言書を作る際は私のような専門家に任せるのが一番です。

 

遺言書は貴方の希望を遺す唯一のものです。

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA