農林水産省メールマガジン 30・5・28 第794号です。話題が満載

◇目次

1.先週の大臣会見
2.農林水産省の動き
3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成30年5月号の紹介)
4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
5.東日本大震災関連情報
6.その他新着情報
7.「消費者の部屋」展示の御案内

 

1.先週の大臣会見

◇5月22日(火曜日)
平成29年度食料・農業・農村白書、香港政府による日本産食品の輸入規制緩和、加計学園問題、ISC(北太平洋まぐろ類国際科学小委員会)による太平洋クロマグロ資源評価結果、省内のセクハラ対策について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/180522.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/180522.html

◇5月25日(金曜日)
平成29年度水産白書、水産政策の改革案、諫早湾干拓開門問題における和解協議、米朝首脳会談、米国が自動車等の関税引き上げを検討していること、日大のアメフト部の問題による危機管理のあり方、公文書管理のあり方について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/180525.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/180525.html

 

2.農林水産省の動き

(1)トピックス
◇平成29年度の「食料・農業・農村白書」及び「水産白書」を公表しました

○「食料・農業・農村白書」の概要
・これからの農業を担う若手農業者に焦点を当て、経営構造の特徴、農業経営に対する考え等について、農林業センサス等の統計データや独自のwebアンケートに基づき、冒頭の特集に記述しています。
このほか、農業総産出額の16年ぶりの9兆円台回復、農林水産物・食品の輸出額の5年連続となる過去最高の更新、超省力・高品質生産を可能にするスマート農業の開発・導入等の動向や施策の成果を取り上げるとともに、全国各地で展開されている取組事例を交え、様々な動きを分かりやすく紹介しています。

○「水産白書」の概要
・「水産業に関する技術の発展とその利用~科学と現場をつなぐ~」を特集するとともに、我が国水産業全般をめぐる動きを始め、水産物の安定供給と水産業の健全な発展を図るために進めている各般の施策について、全国の様々な取組事例も紹介しつつ記述しています。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
「平成29年度食料・農業・農村白書」の公表について
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo04/180522.html
「平成29年度水産白書」の公表について
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kikaku/180525.html

◇「農薬危害防止運動」の実施について
・農薬による事故・被害を防止するため、農薬を使用する機会が増える6月から8月にかけて「農薬危害防止運動」を実施します。

~農薬の安全使用の川柳~
○農薬は 施錠保管で 防ぐ誤飲
○約束ね! 土壌くん蒸は 被覆して
○農薬の 散布は周囲に 配慮して

・詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_tekisei/index.html

 

(2)審議会等の予定
◇「日本農林規格調査会(平成30年度第1回)」の開催及び一般傍聴について

・平成30年6月1日(金曜日)に、農林水産省において、「日本農林規格調査会(平成30年度第1回)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は30名程度です。
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/syoku_kikaku/180524.html

◇「食料・農業・農村政策審議会 農業保険部会(平成30年度第1回)」の開催及び一般傍聴について

・平成30年5月30日(水曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会 農業保険部会(平成30年度第1回)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/hoken/180523.html

◇「水産政策審議会 第88回 資源管理分科会」の開催及び一般傍聴について

・平成30年5月31日(木曜日)に、農林水産省において、「水産政策審議会 第88回 資源管理分科会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は20名程度です。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/gyosei/180523.html

◇「第81回 コーデックス連絡協議会」の開催及び一般傍聴について

・消費者庁、厚生労働省及び農林水産省は、平成30年6月12日(火曜日)に、中央合同庁舎4号館において、「第81回 コーデックス連絡協議会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は60名程度です。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kijun/180522.html

◇平成30年度「スマート農業推進フォーラム」の開催及び参加者の募集について

・平成30年6月12日(火曜日)に、一橋大学一橋講堂において、「スマート農業推進フォーラム」を開催します。本フォーラムは公開で、カメラ撮影も可能です。参加可能人数は450名程度です。
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/gizyutu/180522.html

 

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成30年5月号の紹介)

【特集2 Love 魚。】

四方を海に囲まれ、その豊かな恵みを受けてきた日本。
今、魚をもっと好きになってほしいと、各地で手軽に食べられる加工品が生まれています。

広報誌aff5月号では、そんな加工品に一手間加えて、さらにおいしくするプロのコツを伝授。
また、もっと魚に親しみたいという方には、魚をさばいてみよう、魚の知識を増やしてみようなど、アクションを起こしたくなる取り組みも紹介しています。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1805.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

 

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「小田原にアジを求めて」、「早めの対策を」、「魚はこうして獲っています」、「わかるかな?白書クイズ!(その1)」、「島らっきょうで復興支援」、「みんなで乾杯!」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「天国にいちばん近い花」でした。

鳥の頭のように見えるこの花は、・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
https://www.facebook.com/maffjapan (外部リンク)

 

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

 

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp
◇平成30年5月のバター及び脱脂粉乳の輸入判断について

・バター及び脱脂粉乳の需給は、今後とも安定的に推移する見込みであることから、平成30年度のバターの輸入枠数量13,000トン及び脱脂粉乳の輸入枠数量27,000トンは変更しません。
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_gyunyu/180525.html

◇硫黄山噴火に関する支援対策について

・硫黄山の噴火に関し、農林漁業者の不安に応え、経営の継続ができるように、支援対策を講じます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/saigai/180523.html

◇「海岸保全施設維持管理マニュアル」を改訂 ~水門・陸閘等の効率的な維持管理の実現に向けて~

・農林水産省、国土交通省では、水門・陸閘等の効率的な維持管理を実現するため、「海岸保全施設維持管理マニュアル」を改訂しました。
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/bousai/180523.html

◇諫早湾干拓開門問題に係る福岡高等裁判所の第2次和解勧告文書発出について

・平成30年5月22日(火曜日)に、諫早湾干拓開門問題に関する和解協議について、福岡高等裁判所から、和解勧告文書が発出されました。
このことについて、農林水産省としての対応をお知らせします。
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/nouti/180522.html

◇国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2018」の取組の中間報告について

・農林水産省、国土交通省、環境省及び国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)では、平成30年3月1日から6月15日までの期間における、国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2018」への参加と協力を広く国内に呼びかけています。
この度、5月18日までに登録があったイベントについて取りまとめるとともに、今年から創設した「グリーンウェイブ」オフィシャル・パートナーに9団体を任命しました。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sin_riyou/180522.html

◇平成30年度 バイオマス産業都市の募集について

・関係7府省(内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)は連携して、バイオマス産業都市の構築を推進しています。
平成30年度のバイオマス産業都市構想の提案を、平成30年7月20日(金曜日)まで募集しています。
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/bioi/180521.html

(2)パブリックコメント
農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇海洋生物資源の保存及び管理に関する基本計画の変更(29年漁期の漁獲可能量に係る数量の改定及び30年漁期の漁獲可能量に係る数量の設定等)案についての意見・情報の募集について

◆意見公募結果
◇農業の担い手に対する経営安定のための交付金の交付に関する法律施行規則第9条第1項の農林水産大臣が定める収入減少影響緩和対象農産物の単位面積当たりの収入額等を定める件等の告示の制定について

(3)調査結果等
・平成29年木材統計(5月25日公表)(PDF : 667KB)

~週間公表予定表(平成30年5月28日~6月1日)(PDF : 133KB)~
http://www.maff.go.jp/j/tokei/attach/pdf/index-104.pdf

 

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇食育の週『弁当の日』
~取組事例等の紹介~
平成30年5月28日(月曜日)~6月1日(金曜日)

2001年、香川県の小学校で竹下和男校長(当時)が始めた「弁当の日」。
子どもたちが、自分でお弁当を作って学校に持ってくるという取組です。
献立も、買い出しも、調理も、弁当箱に詰めるのも、後片付けも、すべて子ども自身が行います。
今回は、若い世代への食育推進の事例として、「弁当の日」の取組や、バランスのよいお弁当の詰め方等についてパネル展示で紹介します。

 

<編集後記>
だんだん暑い日が多くなってきたため、部屋の窓を開けて過ごす時間が増えてきました。今はまだ部屋を吹き抜ける風が心地よいのですが、これが湿気を帯びて生ぬるい風となったら梅雨の時期。ベッタリした湿度を思い出すとゲンナリしてしまうのは、担当だけでなく皆さんも同じではないでしょうか。

◇お願い
<お問い合わせ等は以下のメールフォームから>
本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

<リンクURLの一部にPDF形式のものがあります>
メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3PDFファイルについて」をご覧になり、「GetAdobeReader」のアイコンでAdobeReaderをダウンロードしてください。

<配信解除等は以下のサイトから>
メールマガジンの配信解除や、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合は、パスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

◇連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA