農業の革新的改革になるか ドローンで時間短縮と農作業の効率かアップを狙える 農業ワールド千葉で開幕 ドローン5機を同時制御 1ヘクタール防除 10分で

日本最大の農業総合展示会「農業ワールド」が10日、千葉市の幕張メッセで始まった。

 

初出展の120社を含む620社が出展。農機やドローン(小型無人飛行機)、

 

スマート農業など、最新技術を活用した農業資材やサービスを紹介する。12日までの3日間で、3万人の来場者を見込む。

 

 

会場では「次世代農業」「6次産業化」「農業資材」の三つのテーマに分けて展示を行った。

 

農作業の省力化・軽労化に役立つ製品、新規就農者や雇用就業者の確保に向けたサービスの展示が目立った。

 

 

ドローンメーカーのDJIは、自動航行で農薬を散布するドローン

 

「AGRAS MG―1P RTK」を発表した。コントローラー1台で、最大5機のドローンを同時に制御でき

 

「大規模な農地の農薬散布をさらに効率化できる」とアピールする。

 

この機種は10分で農地1ヘクタールに薬液を散布できる飛行能力を持つ。タンクには、

 

液体10リットルを入れることができ、付け替えで粒剤にも対応する。

 

選果機を手掛けるシブヤ精機は、自動で果実の箱供給、箱詰めをするロボットを披露した。

 

ロボットハンドで果実を優しくつかみ、傷を付けずに選果する。会場では、トマトと柿をコンテナ内から取り出し

 

、仕分けラインに流して箱詰めまでを実演した。今後は精度を高めて商品化を目指す。同社は「人手不足が深刻な現場を最新技術で助けたい」と語った。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA