ハウス補強も助成 台風24号「経営体育成」を発動

農水省は、台風24号で被災した農家への支援策をまとめた。ハウスの倒壊など被害が深刻な産地からの要請を受け

 

被災農業者向け経営体育成支援事業を発動。破損したハウスや農機の修繕に必要な費用を助成する。

 

今後も発生し得る台風や豪雨に備え、ハウスを補強するための支援策も新たに盛り込んだ。

 

頻発する台風や豪雨でハウスの倒壊や損傷が相次ぐ中、ハウスの強靭(きょうじん)化に向けた対策を新たに盛り込んだ。

施工業者に補強を発注する場合、経営体育成支援事業で10分の3以内で経費を助成。

 

農家が自力で補強する場合は、資材購入費を2分の1以内で補助する。

JAやJAが出資する法人が被災を機に耐候性ハウスを導入する産地も支援する。

 

強い農業づくり交付金で、被災したハウスの撤去や整備に必要な経費を2分の1以内の補助率で助成する。

 

スーパーL資金を5年間無利子とし、被災した認定農業者を優先的に支援する。

 

追加的に必要となる種子や種苗の確保、防除や施肥についても助成する。

台風24号は九州や東海、関東地方の各地で被害を及ぼした。同省によると、10月30日時点で被害額は521億円に上り

 

農業用ハウスの被害は、40都府県から1万7555件の報告があった。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA