ドローン規制補助者なしも 農水省 と言うことで農作業におけるドローンの飛行条件が緩和されるような感じですが、早く実施してほしいですよね

農水省は5日、農業分野でのドローン(小型無人飛行機)の利用拡大に向けた検討会を開き、

 

空法の規制緩和案をまとめた。農薬散布などでは、人や車両の立ち入りを管理する「緩衝区域」を設ければ

 

補助者なしで実施できるよう変更する。緩衝区域の幅など具体的な数値は、今後精査し、年内に国土交通省に提案する。

 

検討会では

①操作者以外の補助者の配置義務

②目視外飛行の基準

③最大離陸重量25キロ以上の機体に求められる要件の妥当性を検討してきた。

 

同日は、要件を満たせば農薬散布時に補助者の配置を義務付けないことで合意。

 

要件は、飛行区域の外側に緩衝区域を設けることと、緩衝区域の入口に注意喚起の看板を設置することとした。

 

同省は「区域の幅は十分な安全性が必要。機体の飛行精度と落下時の危険性を考慮し、具体的な数値を精査していく」(植物防疫課)とした。

 

目視外の飛行についても、同様の要件を満たせば可能。今後は具体的な安全対策を例示する。

 

目視外飛行が可能になれば、夜間の農薬散布も可能になるとし、検討を進める。

 

25キロ以上の大型機体に求められる追加条件は、規制緩和しないことで一致した。

 

委員の農業者からは「北海道では大型の機体が求められている」とし、規制緩和を求める意見もあった。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA