農家の結晶の生産品を日中も堂々と窃盗をしている輩がいる 青森で リンゴ盗難相次ぐ 昨年10倍超 1万3000個 青森

青森県でリンゴの盗難被害が続出している。警察に被害届があっただけでも昨年の10倍以上の1万3000個が盗まれた。

 

産地では農家の高齢化や労働力不足などから、収穫を業者に委託するケースが増えている。

 

窃盗団は委託業者などと見分けがつかず、白昼堂々と盗みを働いているとの見方もある。

青森県警によると、リンゴの窃盗は10月から相次ぎ、被害届は12日時点で5件。

 

弘前市で「ふじ」約4300個(50万円相当)が盗まれた他、つがる市でも「ふじ」約5000個(40万円相当)がもぎ取られた。

 

その他、青森市で約800個、平川市で約1640個、黒石市で約1200個と、合わせて約1万3000個もの被害があった。

 

17年は2件の被害届で、約1030個の被害だった。

被害届を出さない農家も多いとみられ、県やJA関係者によると「届け出は氷山の一角」との見方が強い。

盗難の手口について、県りんご果樹課は「集団でやって来て白昼堂々と盗んでいくことがある」と危機感を示す。

 

農家の人手不足から、農家が収穫を業者に委託するといったことがあり、収穫か盗難か見分けが付かないこともあるという。

JAつがる弘前は「大事に育ててきたリンゴを盗むのは許せない。農家は落胆している」(指導課)と憤る。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA