日本の重要な農業知的財産の和牛精液あわや国外へ 日本の出入国管理はどうなっているんだ   出国検査甘さが露呈 個人の申告制だから発覚しない現状で、告発わずか 貴重な資源流出は打撃である。農水省はもっと積極的に知的財産を保護すべきだ

輸出禁止の和牛精液が日本国外へ不正に持ち出されていたことが、農水省への取材で分かった。

 

 

中国入国時に見つかり中国国内への流出は水際で止められたが、日本の検査はすり抜けており

 

 

検査体制の甘さが浮き彫りになった。

 

 

 

畜産関係団体は「和牛精液が流出し、他国で生産が広がれば和牛の輸出先を失う。

 

 

畜産農家は大打撃だ」と危惧する。

 

 

ストロー数百本、中国入国時に発覚。 「違法行為、知らなかった」

 

 

持ち出したのは、自称大阪府在住の男性。今年、冷凍した和牛精液の入ったストロー数百本を

 

 

液体窒素を充填(じゅうてん)した保存容器「ドライシッパー」に入れて国外に運んだ。

 

 

農水省動物検疫所の聞き取りでは「知人に頼まれた。違法なものとは知らなかった」と話したという。

 

 

日本から動物やその一部を他国へ持ち出す場合、家畜伝染病予防法では家畜防疫官の検査を受けるよう定めている。

 

 

 

ただ、持ち出す人が申し出なければ、同所は把握できず「今の仕組みだと、悪意があれば容易に持ち出せる」と実態を明かす。

 

 

 

航空会社の手荷物検査でも発見は難しい。「ドライシッパー」を開けるには知識が必要な上

 

 

 

取り出した内容物は温度が急上昇して劣化することもある。

 

 

持ち出し禁止でない医療用の試薬などを運ぶことも多いため

 

 

国交省航空局も「どの航空会社も、通常は中身まで確認しない」(運行安全課)。X線には通すが、中身は判別できないという。

 

 

 

畜産業界からは心配する声が上がる。法規制の前にオーストラリアに遺伝資源が流出したことにより

 

 

 

オーストラリア産「WAGYU」が日本の和牛と競合し、輸出に影響が出ているためだ。

 

 

 

日本畜産物輸出促進協議会は「国も牛肉輸出には力を入れている。

 

 

遺伝資源の流出は大きな問題だと受け止めてほしい」と訴える。

 

 

違反者への対応にも疑問の声が上がる。同法は違反すると、懲役刑が付くこともあるが、罪に問うには動物検疫所の刑事告発が必要。

 

 

 

今回、同所は厳重注意だけでこの男性を解放した。同所は「初犯で悪質ではないと判断した」(危機管理課)

 

 

 

手続きに時間がかかるため、刑事告発することは「年に数回もない」という。

 

氷山の一角」

 

 

中国で肥育農家の技術指導を手掛けるなど、現地の事情に詳しい

 

 

 

松本大策獣医師は「和牛精液を欲しがる業者はいくらでもいる」と警鐘を鳴らす。

 

 

 

既に精液が持ち込まれたとの情報も耳にしたことがあるとし、「今回のケースは氷山の一角ではないか」と指摘する。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA