十勝幕別町の  田口畜産 jgap畜産認証に向けて始動

幕別町字日新7-4の

田口畜産が今春からjgap畜産の認証にむけて

準備を始めました。

 

準備期間は約半年。

本年2月25日初回の指導をしてきました。

 

指導の順番としては

農場全体を見せていただいて

 

どのようなところに何があるかを把握してから

 

gapの目指している、農場の見えるかにどのように

取り組んでゆくかということです。

だから、農場全部の写真を撮影して

問題点がどこにあるのか、何が問題なのかを見極めて

 

それにも付、どのように改善をしてゆくかをまた、

どの順番で行うのが一番早いか、また、費用がかからないか

を伝えて取り組みの順番を指示してきました。

 

田口畜産は導線が比較的わかりやすいので

 

衛生管理区域の設定や、立ち入り禁止区域の明示化

など、一番先にやることを順番をつけて効率よく

また、経営者だけではだめなので、従業員も巻き込んで

 

gapを実施してゆく必要があります。

 

次は3月11日の予定。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA