JGAP畜産で審査機関に審査を予約するには

審査機関に審査を請求するには事前に審査予約をしなければならないのですがその審査予約は

すでに書類が完全にまたは審査機関が要求したらすぐにでも是正処置が済んでいる状態でなけ

ればならないという回答が来ました。

実際今やっている農場のJGAP関連のしょるは管理点4.~6の農場Haccpのところを中心におこな

ているために、全体の帳票類完成度は50%であるので、審査予約自体がいまだ遠い存在なのかと

いう状況でした。

このままでいけば帳票の完成が夏以降になってしまうような感じがして、来月4月からも現在

行っている標茶町の酪農家のところへ出向かなければならなくなりそうだ問うところです。

jgapの帳票類は一度作ってしまえば似ているので違うところをその農場に合わせてカスタマイズ

してゆけばいいのですが、基本の帳票が出来上がっていなければ現地に出向いてその農場に

あった内容で作成しなければならないので、現地に出向いて行くのはいいのですが、

北海道という土地柄、一日に300キロ~400キロ程度を移動することも日常茶飯事のことですが

時間のロスが一番大きいのがつらいところです。

それでも、4月中か5月中には各種の帳票を完成させなければならないので、今月末からが

本当にデットラインで締め切りに間に合わせるように出かけて行って書類を作成して完成させ

無ければと思っています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA