株式会社KIの審査風景 jgap畜産のフル審査

今月20日に今畜産JGAPを実施している

標茶町の株式会社KIがようやくJgap畜産の審査にたどり着きました。

 

JGAP畜産は

農場HACCPを持っている農場が受ける、差分ファイルのgap審査と

農場HACCPを持っていない農場が受ける

JGAP畜産フル審査があります。

 

今回受けた株式会社KIのjgap畜産は後者の、

JGAP畜産のフル審査でした。

農場HACCPを持っている農場はJGAP畜産を受ける際もその一番脂っこい所の農場HACCPをクリアーしていると言う利点がありますので、JGAP畜産の認証農場になるのにもそれほど問題点はありません

 

JGAP畜産のフル審査は私どもの指導でも初めての対応でしたので、取り組み初めてから、1年以上の時間を要しましたが

ようやくフル審査にたどり着きました。

 

フル審査のポイントは管理点の4と6の所の農場HACCPの部分が非常に取り組んでいても内容が濃く、さらに内容がなかなか理解するのに難しい書き方をしているためにそのまま文章を作ればいいという物で貼りませんでした。

それでも、農場HACCPの指導員も持っている私たちの協力もあり、年末から各帳票の作成に取り組んだ結果今回のフル審査に望む事が出来ました。

 

審査は2日間でしたが、初日の書類審査で全般はなかなか先に進まない状況でしたが、管理点の4と6のところがかなり追求されましたがなんとか、問題点がないという評価で通過したので、その後の審査が順調に進み書類審査が初日で殆ど終了したのでした。

 

管理点の是正箇所は全体で120項目中

 

14点で押さえられた事が非常に良かったと思いました。

これお、4週間の内に是正箇所を是正して関係書類を再提出すれば、殆どJGAP畜産の認証農場になることがほぼ決定しました。

写真は審査風景のもので、審査員は直接撮影できませんので、審査の行われた卓上と審査員の現場確認の写真を掲載しています

 

JGAP畜産のフル審査をご希望の方は

農場HACCP指導も行える

アグリ北海道の小川までご要望ください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA