作り手のこだわりを見える化!

利点1:「農産物の安全性が高まります」
適切な農場管理の導入により、農産物の安全性が高まる等、農業経営のリスクを低減することができます。日本GAP協会が実施したアンケート調査によれば、JGAP認証農場の80%が「JGAP導入で、農場管理や団体管理が改善した」と回答しています。

 

利点2:「農場の管理が効率的になります」
農場管理という仕事の効率性を高めることができます。JGAP団体認証の技術により、更に効率性を高めることができます。日本GAP協会が実施したアンケート調査によれば、JGAP認証農場の70%が「JGAP導入で、効率的な農場管理や団体管理が実現した」と回答しています。

 

利点3:「JGAP認証で、選ばれる産地へ」
JGAP認証により、信頼できる農場であることを農産物バイヤーや社会全体へアピールすることできます。
JGAPの基準開発には多くの農産物バイヤー企業も参加しており、多くの流通企業でJGAPの基準および認証制度の信頼性の高さが評価されています。
農産物仕入でJGAP認証を「確かな商品が供給できる、信頼できる調達先(農場)の目印」として活用する企業も出てきています。