3jgapが求める農場管理の習得と責任者の明確化
ポイント

①認証取得には「管理点と適合基準」が定める適合率を満たす必要がある。
②「適合」に必要な取組みは農場によって異なる。
③各業務の責任者は、業務の実施に必要な資質の向上が求められる。
「管理点と適合基準 青果物 」に沿って具体的 2016の導入処方を説明します。

(1)JGAPの求める農場管理の習得
アJGAPの求める農場管理の習得
まずJGAPの認証のしくみや「管理点と適合基準」がどのような農場管理を求めているかを理解します。
また地域指導機関や日本GAP協会、審査員研修機関も講習会を実施しており資格を交付する研修会もありますので利用して下さい

 

 

イ「管理点と適合基準」と認証取得に必要な適合率
「管理点と適合基準」は管理すべきポイント(管理点)とその客観的な判断基準(適合基準)を示したものです。対象品目や版によって項目数が異なります。
(必須、重要、努力)が決められており、認証取得にはそれぞれのレベルの適合率を満たすことが求められます
適合に必要な具体的な取組は農場によって異なります。自らの農場の現状を良く認識し、農場にあった取組に心掛けることが重要です。

「管理点と適合基準」の項目レベルと認証取得に必要な適合率考 項目 認証取得に必 備 レベル要な適合率で法令遵守などの面から最も重要で、農産物の安全に欠かせない基準で
・必須 100%以上 全などに欠かすことの出来ない管理点
・重要 95%以上 適合することが強く求められる管理点
・努力 審査結果に影理想的な農場管理のために積極的に取り組むことが望まれる管理点

 

ウ審査時に不適合となった場合の対応

審査時に不適合となった項目は、4週間以内に是正措置報告書を提出することが求められます。多くの場合、是正措置報告書の提出により認証が可能となりますが、必須項目の適合が70%以下の場合や現地確認が必要と判断された場合は是正内容を再度現地確認す
る場合があります。

エ責任者の資質向上と組織図の作成

(ア)責任の明確化と資質向上

各業務の責任者の明確化と組織図の作成を行います。それぞれの責任者の主な業務と求められる資質について表5に示しました。責任者は必要な資格の取得や、各専門に関わる講習会への参加、指導機関からの情報の入手を積極的に行う必要があります。
また、近年ではインターネットのホームページにも多くの必要な情報が掲載されているので、これらの情報を活用すると効果的です。

(イ)審査時の対応

審査時には、質問により知識の習熟度や考え方が問われます。また、啓蒙に係る取組を証明する書類が必要となります。講習修了証や講習会で用いられた資料、FAX技術情報等を整理し、綴っておくことが必要です。

 

ウ審査時に不適合となった場合の対応

審査時に不適合となった項目は、4週間以内に是正措置報告書を提出することが求められます。多くの場合、是正措置報告書の提出により認証が可能となりますが、必須項目の適合が70%以下の場合や現地確認が必要と判断された場合は是正内容を再度現地確認す
る場合があります。

エ責任者の資質向上と組織図の作成

(ア)責任の明確化と資質向上
各業務の責任者の明確化と組織図の作成を行います。それぞれの責任者の主な業務と求められる資質について表5に示しました。責任者は必要な資格の取得や、各専門に関わる講習会への参加、指導機関からの情報の入手を積極的に行う必要があります。
また、近年ではインターネットのホームページにも多くの必要な情報が掲載されているので、これらの情報を活用すると効果的です。

(イ)審査時の対応
審査時には、質問により知識の習熟度や考え方が問われます。また、啓蒙に係る取組を証明する書類が必要となります。講習修了証や講習会で用いられた資料、FAX技術情報等を整理し、綴っておくことが必要です。

 

審査など詳しい事を知りたい方は下記電話にお電話下さい