JGAP Basic総合規則2017の変更要旨

が一部変更されました。 原文掲載

2.引用文書
マネジメントシステム認証機関のパフォーマンス指標の提供のためのデータ収
集に関するIAF基準文書を追加した。

3.用語の定義と説明
(29) 内部監査(Advance・Basic共通)
JGAPの基準書の改定に伴い、それに対応した団体・農場管理マニュアルを改
定した場合、前回の内部監査から1年経過していなくても内部監査を求めた。
また、この場合、審査・認証機関による審査の前に新たな団体・農場管理マニ
ュアルに基づく内部監査の完了を明示した。

(32) 判定(Advance・Basic共通)
認証の判定についてISO/IEC 17065に基づき用語を定義した。

(35) 技術委員会(Advance・Basic共通)
参集すべき委員の専門性を明示した。

5.3 JGAP Advance基準文書の発効及び改定された場合の旧版の取扱い(Advance・Basic
共通)
旧版による初回審査・更新審査の受審期限を申込期限から90日と明示した。

5.5 改定版の通知
パブリックコメントの実施を明示した。

6.1 審査認証の対象となる商品(Advance・Basic共通)
(1) 審査・認証の対象となる商品
審査・認証の対象となる必要に応じた出荷の形態の明確化を要求した。
(2) 並行生産について
用語を整理し、並行生産の中に栽培工程・収穫工程・農産物取扱い工程がある
とし、そのうち農産物取扱い工程について「並行取扱い」とした。

6.2 JGAP Advance審査・認証の対象となる工程 (2)農産物取扱い工程について(Advance・Basic共通)
出荷先には委託販売の委託先も含むことを明示した。

7.3 審査のタイミングと条件
(2)維持審査
農場・団体にとって特に重要な生産工程について、「農産物取扱い工程をはじめ」
を「食品安全リスクが高い工程をはじめ」とし、その現場確認を求めた。

7.4 認証日、有効期限及び認証書の記載事項
JGAP Basicと他のスキームとの差分に関する文書あるいはJGAP Basicと同等
性を認められた基準文書を用いた審査の場合、そのことが分かるよう審査基準
の明記を求めた。

8.1 審査申込・契約・日程調整(Advance・Basic共通)
審査申込の項目に労働者に関する情報や審査員の農場入場時の条件などの記載
を求め、契約書を交わすことを明示した。

8.2審査の計画とサンプリング
技術専門家の同行ができるようにした。
団体審査における農場審査サンプル数の追加(増加)を明記した。

8.3 審査の実施及び是正報告の受付
審査報告書の作成を明示した。

8.4 審査結果のレビュー及び判定(Advance・Basic共通)
「認証判定」を「審査結果のレビュー及び判定」と修正した。審査結果のレビ
ュー及び判定を行う者のコンサルティングや商品の販売の制限を明示した。

8.7 JGAP Basic認証後の管理(Advance・Basic共通)
8.7.5 その他認証書の記載事項に変更がある場合(Advance・Basic共通)
認証書の記載事項を変更する場合の手続きを記載した。

8.8 審査・認証機関の変更(Advance・Basic共通)
審査・認証機関を変更する際の注意事項を追加した。

9.2 認証農場・団体の義務(Advance・Basic共通) 認証書の写しを他者に提供する際の注意事項を追記した。

9.3 認証の一時停止・取消し(Advance・Basic共通)
認証を取り消された農場・団体の再審査の禁止期間を設定した。
臨時審査を拒否し続けた場合の認証の一時停止・取消しを明示した。

10. JGAP Basicの認証に関する表示(Advance・Basic共通)
農産物使用マークについて、従来はすべての原材料がJGAP認証農産物である
ことを求めていたが、原材料の農産物の内