jgap指導で気がついた haccpの知識は必要だが全然別物だったとうこと

今日は朝からjgapの指導に出かけていました。審査のスケジュールがタイトなので

前回から丁度一週間の間を開けての訪問でしました。

前回は圃場を回って作業場所や宿舎、休憩室などの配置場所を確認して見取り図に

あるのか、又無いのはどの施設か、トイレの設備は整っているか手洗い場所は清潔

にしているか等を確認して写真を撮影して今日データーを引き渡してきました。

 

それで、今日の仕事は既にある書類の山の中からjgapが求めている各種帳票があるのか

又作成しなければならないのはどの様な書類なのかを確認して来ました。

 

それで今回審査を受ける代表と話していた際にjgapでもASIAJGAPはhaccpの知識が

必要だと言われていますが、jgapの帳票を確認していくとhaccpでは全く必要ない

書類が多くあることに気がつきました。

haccpの審査に使う書類はjgap審査においても有効であることは間違いはないのですが

それ以外の項目でhaccpでは全く要求していない事項主に、作業記録などの細かい記載

や、在庫管理、作業事故防止の教養記録、作業者の健康管理、等でした。

haccpでは、生産時の危険予防が重点になっている点で、jgapは作業や作業者事態の

農業に従事する際の生産工程管理であり、その中には作業する人の人権から事故防止

など細かな事項も入ってくるので、到達点はおのずと違ってくるのではないかと思い

ました。

 

今回は、特に農場入り口の看板について詳細な内容を伝えてきたので、次回に出向くの

が楽しみになって来ました。

 

今日は、私が作ったjgap自己点検簿と管理点と適合基準に直接問題点を記入して次回までに

たりない書類を作る事になりました。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA