jgap審査員講習を受講してコンサルト違う点は

まずは

農場生産現場の課題を見付けるために

法令順守+食の安定+顧客満足+経営安定

を求めるために

1農場経営と販売管理

2食の安定

3環境保全型農業

4労働安全

5人権・福祉

等の問題点とリスク管理の洗い出しを行うために行うと言うこと

更に

農場における「リスク」とは

損失や被害やそのた望ましくない出来事の起こる可能性のこと

<留意しなければならないことは>

1どこにリスクがあるのか?

2そのリスクにどの様な意味があるのか

と言うことである

農場のリスク管理で求められるのは農場用経営者が

自分の農場でいかにリスクに対して、日頃からリスクが何処にあるか

等を考えているかと言うことです。

JGAPが求める農場管理では、農場主がいかに自分の農場で作る作物

が危険がない状態で作られているかと言うことを表面的に見える様に

することがJGAPが求めている事です。

常にリスク管理やリスク対策をしようとしている方はJGAP審査受けても

比較的簡単に審査がおりるのではないかと思いました。

 

最後に審査員は農場の欠点を探すのではなくてJGAPを導入して良くなる

点を見つける事だと今日の講習での教示でした。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA