「平成2 9 年度病害虫発生予報第8号」の発表について 農水省のメルマガから

向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)については次のとおりです。
・野菜では、ヨトウムシ類及びオオタバコガの発生が一部の地域で多くなると予想されていま
す。ほ場を注意深く観察し、適期に防除を実施してください。
・果樹では、果樹カメムシ類の発生が東海、近畿、四国、九州等の一部の地域で多くなると予
想されています。本虫の飛来状況は、地域や園地により異なるので、都道府県の発表する発生
予察情報等を参考にしつつ、園内を注意深く観察し、適期に防除を実施してください。
発生

発生予察情報について
国及び都道府県では、植物防疫法(昭和25年法律第151号)に基づき、有害動植物の防除を適
時で経済的なものにするため、気象、農作物の生育状況、有害動植物の発生調査結果を分析
し、有害動植物の発生動向及び防除対策に係る情報として、発生予察情報を提供しています。
本予報に掲載している情報の詳細は、都道府県病害虫防除所のホームページ等を参照してくだ
さい。
発生予察について
参照URL:http://www.maff.go.jp/j/syouan/syokubo/gaicyu/index.html
都道府県病害虫防除所
参照URL:http://www.maff.go.jp/j/syouan/syokubo/boujyo/120105_boujosho.html
気象
気象庁の向こう1か月の予報(10月12日付け)では、気温は北日本で平年並か低く、東日本で
平年並か高く、西日本及び沖縄・奄美では高くなると予想されています。東・西日本及び沖
縄・奄美では、日照時間は少なく、降水量は多くなると予想されています。
気象庁ホームページ
参照URL:http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/001_00.html (外部リンク)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA