標茶町の株式会社KIのjgap畜産認証申請段階に

標茶町の株式会社KIの木並牧場は昨年から取り組んできたjgap畜産も今年の夏頃までの認証にむけて最後の追い込みにはいりました。Jgapは農業用版ISOと思っている私ですが、ISOみたく全てを書類で担保すると言うことがないので、実際の農業者には取り取り組みやすい内容となっていると思います。

それ以外でもjgapは農業工程管理と訳されていることもあり、農薬や肥料の適正管理使用することによって、無理無駄の排除など農業経営にも直接関係することが多くあります。特に現在の先進的な酪農家は、パソコンやIPADを活用して牛の健康管理をいつでも手元で管理するツールを使っている方が多くおります。JGAPではツールの使用は全く制限しておりませんので、各酪農家や農業者が使いやすいツールを見つけて使って貰っています

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA