大野高校ASIAGAP模擬審査を終えて

10月17日18日と両日に渡りASIAGAP模擬審査を実施しました。

大野高校は農業高校で全生徒は300人以上の高校で、男女比率も同じくらいの高校かな

と感じました。

初日の17日は書類審査のみだったので、大野高校の圃場がどの様な状況なのかを把握しないまま実施他ので、果樹園や根菜類の圃場や牧場の内容が分りませんでした。

初日の書類は3時間かかってやりましたが、ASIAGAPの審査項目が180項目とJGAPよりも60項目も多いために3時間では終了するわけもなく、全体の2/3程度を終了して初日の審査は終了しました。その日は、渡島の総合振興局の職員の方が予約をしてくれた、国道沿いの温泉ホテルに宿泊しました。

ホテルは一階に温泉施設があり、駐車場には駐車場には沢山の車が駐車していることから、地元のお客様に大いに利用されている温泉施設だと言うのが分りました。夕食前には早速温泉にゆっくりつかり夕食を頂いてその日は移動距離も長かったので早々に休みました。

翌日に18日は、朝から前日の続きの書類審査から始めて、後半部分である、農薬の管理方法や残留農薬検査手続きや農薬のリスク管理の実施程度を確認して屋外の施設の点検に入りました。

大野高校の圃場の方に足を勧めると、果樹園の横を歩いていると、リンゴやなし、ブドウなどの果樹園のとても整備された圃場が目につき、さらにとても良い果物の香りが漂って来てとても気持ちの良い感じで圃場などの施設点検を実施しました。

大野高校は昨年にjgapの稲作部門で審査を受けていることもあり、圃場回りや各施設もよく整備されており大きな是正箇所は数点で済んだとの私の感想でしたが、実際にASIAGAPの審査が行われると各審査員の視点によって是正箇所が微妙に違ってくるので、担当の先生や生徒にはその点を十分注して今回の是正箇所は確実に是正するように指導してきました。

JGAPの審査でも、実際の審査では審査員が書類や実地点検をして是正箇所を最後一覧表にして提示するのですが、その際には、コンサルティングは行わないので、是正箇所の書類などがあっても具体的な内容は教えられないので、

「このような書類を作るといいですよ」

とかの指導はありませんので、どの様な書類を造るかはやはりJGAP指導員かASIAGAP指導員に聞かないと具体的には分らないことが多いのではないかと思います。

 

書類の提供は、ヤンマーがネット上でエクセルで使えるデータを提供しているのでそちらを探して似たような書類があれば活用するといいかもしれません。

JGAP指導員で実績を積んでいる指導員であれば、具体的にどの様な書類がいるのが判断できますが、指導員資格を取ったばかりの方達であればその内容まで把握しきっていないことがおおく、適切な指導を受けられないかもしれません。

実際大野高校も担当の先生がJGAPの指導員資格を取得している方でしたが、是正箇所指摘をすると、書類が必要なところでも全く書類を造っていない箇所がかなり散見されたので、実際農業をやっている方でも、JGAPの指導となると、未知ななる分野がかなりあるのでそこを適切に理解するには指導実績を積まない限りなかなか完成するには時間がかかるのかなと思っています。

 

今回大野高校のASIAGAP模擬審査をさせていただき、農業高校生に将来農業系もしくは農業生産の会社に就職する際に、就職先がJGAP認証農場であるかそうではないかを規準とすると、どちらの会社に就職すると聞いたところ、当然JGAPやASIAGAP認証農場の方が労働安全や労働者の事を考えているので、ASIAGAP認証農場に就職しますといっていました。

つまり、現役の農業高校生は最新の農業生産を勉強してきてるわけで、その高校生が学校の授業でASIAGAP模擬審査を通じてASIAGAP認証における過程を勉強しているので、ASIAGAPの良さと適用農場であれば仕事も安心して出来るという事実を知っているので、若い戦力を使い他と思ったら、農業生産者はJGAPやASIAGAP認証農場に積極的にトライして認証農場にならないと今後の農業経営にも影響してくるのは現実として見えてきています。

最終日は、正午頃に終わったのですが、新函館北斗周辺にはなにもないので函館駅まで送ってもらい、帰りもJRに乗車して帰宅しましたね。

函館は何年ぶりにいったのでしょうかと言う感じで函館駅前の写真だけ撮ってきました。

 

ASIAGAP認証農場やJGAP認証農場には実績のある指導者を選ぶ方が回り道をしないで最短で取得出来ます。

私の実績は認証農場は現在進行中は 畑作系5カ所、畜産系3農場実施中です。

ASIAGAP模擬審査や来年までASIAGAP認証農場になりたいとか、JGAP認証農場になりたいと言う方はご相談下さい。

オプションサービスで書類に関するバックアップサービスも行っておりますので、急ぎの方は小川の携帯までお電話下さい。

携帯 090-3468-0355

 

 

道立大野農業高校校舎入り口
JR函館駅前

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA