北海道の食品製造業のみなさんhaccpの準備は完了してますか

北海道の食品製造業の企業オーナーの方々はHACCPの対策は終了していますか。

農業生産者でも、6次化などで食品を製造している方々は、簡易型でもHACCPを導入していなければ、保健所の立ち入りが入った段階でHACCPの対策をしていなければ、行政処分を受けて、製造中止などのペナルティーが課せられる恐れがありますよ。

やっていない企業おーなーは今から大至急取り組んでください。

 

 

HACCP制度化は経営課題

HACCP導入には、多くのメリットがあります。衛生管理を見直し、HACCP導入への一歩を踏み出しましょう。

HACCP制度化の背景には、2020東京オリンピック開催や日本食への関心の高まりから、世界標準の衛生管理が求められるようになったということがあります。
HACCPは一見して難しく、導入は面倒だと感じるかもしれません。また特別な設備を導入しなくてはと心配している方もいらっしゃると思います。しかし、HCCAP導入は飲食店経営においては、食中毒事故の予防につながり、経営リスクを減らすことのできる手法でもあります。HACCP導入においては、まず衛生管理をしっかり行ない土台作りをしましょう。飲食店経営にとって、衛生管理はあたりまえといえるほど重要ですが、改めて衛生管理を見直しませんか。

と政府広報で2年前から言っていますが、今年2020年は東京オリンピックが始まる前にまでHACCPが完了していなければなりませんが、食品製造業の企業の経営者は問題を認識しています

 

 

どこからはじめたら良いのか?

忙しい日々の業務の中では、改めて衛生管理を見直すのは大変とお考えではないでしょうか。

衛生管理を見直すと言っても、ただでさえ忙しい現場にさらに大きな負担を強いることになってしまうとご心配ではないでしょうか。また、ただ衛生管理の見直しを指示しても、現場では「これまで問題なくやれている、作業の手間を増やしたくない、どう重要管理点を考えたら良いのかわからない、ウチの設備では無理だ、現状の流れを変えたくない・・・」等反発を招くかもしれません。現場の責任者をはじめ、作業者等飲食店に関わる全ての人を巻き込みながら衛生管理を見直すには、根拠のある指示が必要です。

衛生管理は「リスクの見える化」から

「見えない」食中毒リスクを、簡単に見える化することが第一歩!

きれいに洗浄した場所に残った目に見えない汚れ。食中毒菌は、そんな汚れの中でも繁殖しています。
このような見えない汚れに対してただ洗う・清潔にするなど盲目的な対策をしても、食中毒リスクの管理ができているとはいえません。ルミテスター&ルシパックは誰でも簡単に、1分以内で見えない汚れを「見える化」します。
食中毒リスクの見える化は、洗浄方法や衛生管理を向上するだけでなく、作業者の衛生意識を高めることにも役立ちます。衛生管理と衛生意識の高い従業員は、健全な飲食店経営の土台です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA